インプラント体験談


	老後の見通しが持てるようになったH・M様


H・M 様

入れ歯を使っていましたがしっかり噛めない、人と話していてもずれないか気になる、など、いろいろな場面で不具合を感じていました。固定式の歯に治療したいと強く希望されて、何軒も歯科医院を訪れましたが、治療できる先生を見つけることができなかったそうです。最終的に大学病院で治療を希望しましたが、そこでもあごの骨が薄いために治療できず、ついに当院を紹介されたのです。

上下ともにワンデイインプラント治療を行い、最終の本歯が入ってしばらくしてから、次のようなお手紙をくださいました。


■H・Mさまのお手紙より抜粋
中平先生はじめ、スタッフの皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。また先日はお手紙並びにワンデイインプラント・ジャーナルをお送りくださりまして、ありがとうございました。隅々まで拝読させていただきました。一人で読むのは勿体ないので、必要そうな人様にも見せてあげたいと思っています。中平先生とぬくもりのある医院様多くの人に知ってもらいたいですもの。

中平先生はインプラント治療を始められてから30年とのこと、本当に数多くの方に幸せを与えてこられたのですね。私も諦めかけていた最後の最後、中平先生にお会いすることができて、お蔭で救われました。その後、新しい歯にもすっかり慣れて、今のところ心身ともに快適な生活を送っております。

食べることを通じて、健康で明るい老後の見通しが持てるようになりましたので、元気に少し若くなれたかなと思います。 初めは細心の注意をしていましたが、今では大抵のものは噛めるようになり、食事が美味しく頂けるようになりました。友人との会食も心行くまで楽しめています。

また、ボケ防止を兼ねて好きな歌に挑戦してみようと、声出しに行くようになりました。歌はオンチですが、人前で安心して大口開けてストレス発散できるのは、幸せなことですね。一つ一つ日常的で、普通の人には何でもないことですが、私にとってはとてもとても喜びで、これを何と表現したらよいのかわかりません。インプラント治療をしてくださったこと、唯々感謝しております。

中平先生、スタッフの皆様、どうかこれからもご健康で一人でも多くの人を救ってあげてくださいませ。お盆を過ぎましたら、メンテナンスにお伺いしたいと思っています。今後ともよろしくお願い申し上げます。
ページトップへ