インプラント体験談


食生活が変わった!

あんなに歯医者嫌いだったのに

M・N様
長年歯に違和感があり、部分入れ歯を使用しながらの食事、本当にかみ合わせも悪く悩んでいる最中のことでした。フジテレビで「カスペ」(先端医療・医者が選ぶ自分がかかりたい医者?)の放映をしておりました。

本来の目的は、家内が股関節手術をしており、次は人工関節と言われ、家内が自身の医療を見たくて見ていたのです。 しかし、家内が「お父さん、早くTV見て!」とあまりにもせっつくものですから、仕方なく付き合ってみました。 なんとそこには、家内ではなく、自分自身の長年悩んでいた「歯」のお医者様が出ていました。 最初は、付き合って観ていましたが、途中からは食い入るようにTVを見ました。 それからというもの、インターネットで調べまくりました。 どういう検索をしても、Dr中平へ辿り着くのです。

家内と、東京見物がてら、気楽に中平先生のもとを訪れ(断られるのを覚悟に、だめもとで訪問したのです)、内心恐る恐るお話を伺った平成23年1月。 レントゲン撮影後「今なら出来ます。骨がしっかりしている今は出来ますが、これから歳を重ねるごとに、骨がもろくなり、インプラントを入れることが出来なくなるんです。」とレントゲン写真を見ながら説明が始まりました。 「ここの骨がしっかりしているから、此処と此処へ土台となるインプラントを此の角度で入れて・・・。」と詳しいお話、判りやすい説明を聞き、自分自身、入れ歯で過ごすしかないと半ば諦めていた歯・・・。噛み合わせが悪く、歪んできた顎。自分自身うんざりしながらの食事。 その入れ歯が、インプラントで自分の歯に変わる?なんて・・・。

正直驚きました。そして話が進んでいくにつれ、「これはうまくいくな!」と確信に変わった日でした。 この日「今がチャンスよ!」という家内に後押しされ、思い切ってワンデイインプラントをすると即決め。日程調整が始まりました。

2週間後には、手術となりました。手術は、「まな板の上のコイ」、うたた寝していたので、ぼんやりとしか記憶がないのです。術後の出血・ハレ・痛みも、予想より軽かったです。

今振り返ると、よく即決したなあ〜!と、自分自身がびっくりしています。 決めるまで、一番時間が係ったのは、ネット検索して見つけたDr中平の本を読み、自分が納得するまでだったように思います。

献立を決め、調理する家内の立場から聞けば、手術の前に、おおよその食べられるものと、形状・状態が記入されたプリントをいただき、これならバーミックスさえあれば楽勝!と思ったとのこと。 およそ2ヶ月間のゆる〜い食事は徐々に普通食へと移り、中平先生からの指示通りの食事メニューは、苦もなく空腹感もなく食べることが出来ました、時折、思い切り噛みたくは成りましたが、其れなりの歯ごたえを楽しめることのできる食材もあり、ダイエットを兼ねて辛抱しました。

“2ヶ月後の食べられる○○”を冷蔵庫に家内が張り付けていたのも、楽しみでした。 ややフライング気味に食べましたので(後で家内から聞いたのですが、フライング気味に食べたものは、柔らかく下処理してあったそうです)本当に食生活が一変し、「食事を楽しんで美味しく食べること」その喜びを、一口ごとに噛みしめながら食事が楽しくなりました。 半年を過ぎたあたりでしょうか、おおよその普通食がOKになり、旅行時の旅館の食事の美味しかったこと。

現在「食べる喜び」に浸りながら、外食へ出かける回数が格段に増え、楽しめるようになりました。又、家内の食事の用意も、ずいぶん楽になりました。 「もう一工夫」しなければ、普通には食べることの出来なかった食材も、何の躊躇もなく、普通に用意でき、家内が一番喜んでいるのかも知れません。

以前は、全く食べられなくなっていた、歯ごたえのある食材(レンコン・ごぼう・イチゴ・胡麻の粒粒のもの等)が食べることができた時には、嬉しくて「美味しい」と、少し紅潮した顔でにっこり話ました。 大好きなお赤飯に、胡麻をしっかり振りかけて食べていますし、イチゴを1パック一人で食べてしまいます(*_*; とにかく胡麻大好き、ずっとあきらめていた、敬遠していた胡麻和えの胡麻かけ(変わってるでしょ?)。楽しんで嬉しそうに食べているらしく、家内もインプラントにしてよかったと話します。

自分も心から思います。

中平先生の「ワンデイインプラント」にして良かったです(奇跡的にTVを見ていて、これしかない!とピンときた私も凄いでしょ・・・(*_*;)←と家内威張ってます。)

口から食べる、それが一番大事な事。

栄養はサプリメントでも補えますが、やはり「美味しく楽しく頂く、これが一番健康への近道!」家内が良く言いますが、本当ですね。次は、家内がさし歯だらけですので、自分もしたい!と言っています。宜しくお願いします。

 

 

ページトップへ