インプラント体験談


本歯が入った日はルンルンで帰りました


治療の進め方をどうしたらよいか悩んで決断できませんでした

K・O様
別の歯医者さんで、インプラントか入れ歯しか無いと言われた時は、とてもショックでした。そこの歯医者さんから、ワンデイインプラントR(1日で固定式の歯が入るインプラント治療)というものがあるよと紹介され、インプラントの説明を受けました。自分は残っている歯が多かったので、全て抜くという事が怖かったですし、まず想像ができませんでした。ただ、自分の年齢的にも入れ歯になるのも嫌でした。

東京銀座歯科さんで、ワンデイインプラントRの説明を受けましたが、とにかく不安が大きくて、治療へ踏み切ることはできませんでした。地元へ戻り、歯周治療を続けていました。一向に良くなる気配が無く、常に歯の事が気になって、お友達と会うのが億劫になっていました。部分入れ歯も使ってみましたが、食事の度に外したり、外れる心配や、その場に忘れてしまったりといつも気にかけないといけない事に不便さを感じていました。また、使用感も気になっていました。

地元の歯医者さんで、治療の進め方をどうしたらよいか悩んで決断ができない時に、どうするのかと急かされた為、不安になりました。そこは沢山の患者さんが来ていたので、自分にかける時間が無かったのかなと思いますが、そんなに簡単に決断できませんでした。自分はどうしたいのか、1年ほど悩みインプラント治療を受けることに決めました。

After

After

After



東京銀座歯科で手術を受けて…

東京銀座歯科さんは、歯周治療専門の医院に勧められたので、安心感はありました。
2回目に連絡した時には、もうお任せしようと決意していたので、そこまでの不安は無かったです。金額が金額なので、主人にも相談しました。主人から歯周治療もしたし、入れ歯も使ったし、それでもダメだったから、自分が前向きに良くなるなら良いのでは?と言われ後押ししてくれました。

手術当日の朝は心臓がドキドキしていました。手術中は、麻酔でふわふわした気持ちで、よく覚えていません。痛みは無かった気がします。
手術当日に仮歯が入る事が本当かなという気持ちでしたが、やっぱりその日に歯が入るのは嬉しかった。仮歯ってこんなもんなのかなという感じ。抜糸をするまでは、ツッパリ感があったが、痛みはありませんでした。糸をとってからはだいぶ楽になりました。主人には何も言われなかったが、お姉さんに会った時、下の仮歯の裏側が見えて、歯の治療でもしてるの?と聞かれた。多分、仮歯が分厚いので下を向いた時に見えたのかも知れない。姉にはそうだと答えました。
仮歯の段階から、食事面に関してはだいぶ改善されました。以前は噛むと痛かったり、歯に負担がかかるのではないかと気になって食べるのを控えていました。
糸をとるまでは、ツッパリ感がありましたが右あごに少しアザができました。アザは10日くらいで消えました。腫れは、顏パンパンになるくらい腫れるのではと思っていましたが、少しふっくらしたかなというくらいで、それほどでも無かったので良かったです。

本歯が入った日はルンルンで帰りました

[仮歯から本歯へ]
本歯は仮歯に比べて、薄いので発音しやすくなりました。見た目も自然な感じになるように、あえて前歯が出るように少しデコボコさせました。色味なんかも自然で、本歯が入った日はルンルンで帰りました。

[現在]
発音しにくいなと感じる時もあるが、思い出せないくらいなので、慣れてきたんだと思う。
周りに発音について言われた事はないです。見た目は、先日同級生に会った時にホワイトニングしてるの?と言われたんですが、インプラントとは思っていないようでした。今のところ、周りには気づかれた事は無いです。歯磨きの仕方にもだいぶ慣れました。研磨剤が入っていない歯磨き粉でちゃんと磨いています。

地方から通ってますが半年に一度なので、負担はあまり感じません。間隔が1年だと着色しないかとか、やはり心配もあるのでこの位がちょうど良い。
東京まで、ちょっとした旅行気分で来ています。
今は食事には全く不自由していません。本当に何でも食べている。
気にせず口を開けられるので、インプラントにして良かったなと思う。これから長く使っていくので大事に使っていきたいです。

After

After



 

 

ページトップへ