Dr ナカヒラの歯科コラム


使っていますか?ナイトガード

2016年6月20日

就寝中、歯ぎしりの癖はありませんか?歯ぎしりは、日中のストレスを発散させる役割がある、とも言われますが、歯のためにはよくありません。また、音を立てない食いしばりをしていて、家族も自分も気づかないうちに、歯を傷めているケースもあります。
 歯ぎしりや食いしばりをすると、自分の体重かそれ以上の力が歯にかかります。それが原因で、歯が欠けたり歯の根が折れたりする場合があります。人工歯も同様です。また歯の根やインプラントの周囲の骨が溶かされてしまうこともあります。顎関節症や偏頭痛、腰痛などの原因にもなります。
 こうしたリスクを防ぐには、ナイトガードがお勧めです。歯と歯の間でクッションとなり、直接強い力がかかるのを防ぎます。初めは違和感があるかもしれませんが、歯の型にピッタリと合わせて作りますので、数日で慣れてくると思います。
 ナイトガードを装着したら就寝前はリラックスして、肩や腕、足などを脱力し、翌朝爽やかに目覚める自分をイメージしながらお休みください

                                   
>>コラム一覧へ戻る
ページトップへ