歯を失った時のベストな選択肢とは?

残念にも歯を失ってしまった時、その対策を列挙する事は簡単ですが、その中で最良な選択をするのは意外と難しいものです。このコラムではその基準を分かりやすく解説致します。

歯医者で抜歯と言われた!まず最初に考える事とは

まず、患者さんご自身が、いま現在、その抜歯と言われた歯に機能的に支障が出ているかが重要です。例えば、痛みや腫れがある、差し歯が何度も外れて困る、噛めない、など。歯科医師から抜歯が必要と診断されても、場合によってはすぐに抜かずに、痛みなどなければそのまま経過観察することも可能です。

ただし、抜歯になる歯にはなんかしらの炎症が必ず起きていますから、それを放置しておくリスクも大いにあります。例えば、痛みはなくても慢性的な炎症で骨を溶かす歯周病では、放置した結果、抜歯した後にインプラントを希望されてもインプラントを埋めるための十分な骨がなく、骨移植が必要となってしまう場合も少なくありません。

まずは、放置するリスクの説明を受け、抜くタイミングを主治医とよく相談しましょう。

次に、抜いた後の治療法の説明を受け、治療法をあらかじめ決定してから抜歯をしましょう。特に、抜歯後の治療法としてインプラントを選択する場合は、抜歯の段階からインプラント専門医が行ったほうが、抜歯後の骨を温存できたり、抜歯時に骨移植をしたり、条件がよければ抜歯時にインプラント埋入が可能となる場合があり、治療期間を短縮できる可能性があります。

まとめると、
1) 抜かない(放置する)リスクを十分に理解する
2) 抜くタイミングを主治医と相談する
3) 抜いた後の治療法を決める
4) インプラントの場合は専門医に抜歯から治療してもらう
ということになります。

残念にも歯を失った時の選択肢とその基準

ブリッジが向いているケース

もうすでに、抜いた歯の前後をムシ歯で削っているような場合で、予算的にインプラントが困難な場合はブリッジが、第一選択となること多いでしょう。

しかし、ブリッジの支えとなる前後の歯はムシ歯によってすでに脆くなっている上に、力の負担がかかるので、数年後には歯が割れてしまったり、新たなムシ歯になったりすることが多く、結果的に再治療が必要になる可能性が高いことを、十分理解した上で治療を受けることをオススメします。

部分入れ歯が向いているケース

歯がない部分がとびとびであったり、2本以上連続して歯がないケース、あるいは、奥にもう歯がないようなケースでは、ブリッジで対応できないことが多く、入れ歯かインプラントのみが適応となります。

適応欠損の例

複数のインプラントは高額になりますので、予算的に困難であるとか、他に抜かなくてはいけない歯があるができるだけ歯を抜きたくないという患者さんに向いています。

また、インプラントにする前に、試しに入れ歯を使ってみるというのも1つの選択肢です。最近では、ノンクラスプデンチャーといって、入れ歯を安定させるための金具がない、目立たない入れ歯もあり、見た目はさほど悪くはありません。保険外ではありますが、インプラントほど高額ではない点も魅力的かもしれません。

しかしながら、取り外しの煩わしさや違和感というものは解決できないのが、入れ歯の欠点です。

インプラントが向いているケース

インプラント治療は、原則すべてのケースにおいて適応となります。インプラントができないケースは重度の全身疾患で観血処置ができない場合であり、骨移植が必要になることや、治療期間が長期になることはありますが、経験豊富なインプラント専門医にとってインプラント治療ができないケースはほとんどありません。

その上、インプラントはブリッジと比較して歯を削らない、入れ歯と比較して違和感がない、といったメリットに加えて、他の自分の歯に負担をかけず、健康を守るという大きなメリットがあり、長期的な観点からみれば新たな歯の欠損を予防することができ、費用対効果(10年予後が98%)を考慮すれば決して高額ではないことがご理解いただけると思います。

健康な歯を削りたくない、入れ歯は嫌だ、という方は、まず経験豊富でたくさんの選択肢を持っているインプラント専門医にご相談することをおススメ致します。