正しいインプラント歯科の見分け方

ウェブサイトをいくら眺めても患者さんにはどこが確実な治療をしてくれるのかは非常に判断がしにくいものです。現役インプラント医師が正しい見極め方を伝授いたします。

Part 1:専門医が居るからインプラント治療に特化している?

これだけは間違わないでほしい!大きな誤解のお話

日本のインプラント専門医は、残念ながら国が認めたものではなく、複数の学会が存在しており、各学会が専門医制度を持ちそれぞれの基準で審査を行なっています。そのため、基準にはバラツキがありすべて同じではありません。また、インプラント専門医だからといっても開業医であれば、インプラント治療に特化しているわけではなく、普段は一般診療も行なっています。

近年では、インターディシプリナリー治療といって、大学病院のように、一人の患者さんに対しそれぞれの領域の専門医が集まって治療をおこなうチーム医療を実践している医院も少なくありません。また、インプラント治療に特化した専門医が手術時のみ非常勤として来るクリニックも増えています。

正しい技術はここから推し量れる

インプラント治療は外科手術であり、歯科医師の高い知識と豊富な経験の両方が求められます。術者である歯科医師が、歯科業界においても指導的立場となって、教育・啓蒙活動に従事していることが、一番信頼できるポイントかもしれません。

しかしながら、HPの症例数やプロフィールだけで判断することはあまりお奨めできません。HPでは良いことばかりが書いてあるけれど、実際に行くと強引にインプラント治療を強くすすめられた、という話も少なくありません。できれば、セカンドオピニオンという理由でも構いませんので、実際に医院に相談に行き、歯科医師の人柄や歯科医院・スタッフの雰囲気なども検討材料の一つとすることが、その後のトラブル予防にも重要だと思います。

東京銀座歯科があえてやらないこと

当院では、それぞれ高い専門性を持った歯科医師が治療に携わることを重要視しています。そのため、専門性のない歯科医師およびスタッフがインプラント治療に関わることは絶対にありません。

これまで、インプラント治療に特化して手術を行ってきた2名の専門医、インプラント治療に特化した麻酔専門医、インプラントの手術介助およびメンテナンスに特化してきた歯科衛生士で構成されています。

当院の歯科医師は外部での研修教育や執筆には積極的に取り組んでいますが、患者様へ高い質を担保するために、当院の現場では未熟な歯科医師を雇用して教育する現場とは考えておりません。安心して質の高いインプラント治療を受けていただくことができます。

Part 2:ガイデッドサージェリーを使えば安心安全?

これだけは間違わないでほしい!大きな誤解のお話

近年、「ガイデッドサージェリーやナビゲーションシステムを用いて、精確なインプラント埋入を安心・安全に行っています!」というクリニックが増えています。

ガイデッドサージェリーやナビゲーションシステムとは、手術の前にコンピューター上であらかじめインプラントを埋入する位置やサイズを、シミュレーションします。それを基にサージカルテンプレートと呼ばれる骨に穴を開けるドリルを誘導してくれる装置を作製します。この装置を用いることで、シミュレーション通りにインプラントを埋入するというシステムです。

しかし、果たして本当にこれらガイデッドサージェリーなどを用いれば、トラブルなくインプラントの手術が可能となるのでしょうか?

残念ながら、必ずしもガイドテンプレートを用いれば精確に埋入できるというわけではありません。

事前に埋入シミュレーションをおこなうことは非常に重要であり、近年ではすべてのインプラント症例に必須と考えられています。しかし、ガイデットサージェリーやナビゲーションシステムには様々な種類があり、その中で、精度がよいものもあれば、精度に劣るものもあります。

事前に製作したガイドテンプレートが、きちんと歯や歯茎に固定されていなかったり、少しでもずれてしまったりしていると、インプラントは予定通りに埋入することができません。また、口を大きく開けられない方への奥歯へのインプラントや、歯がほとんど残っていないような患者さんではこれらのシステムを使用することはかえって手術を困難としてしまうこともあるのです。

また、システム特有のトラブルが生じたりすることがあるので、その際に十分対応できるような熟練の技術があって初めて活用されるシステムであり、初心者でもこれを用いれば簡単・安全にインプラント手術をおこなうことができる、というものではありません。

正しい技術はここから推し量れる

インプラント手術を数多くこなし、熟練の外科技術を持った歯科医師は、事前にコンピューター上でシミュレーションをおこない入念な準備を怠りません。そのため、細かい解剖学的なランドマーク(指標)を見つけたり、お口の中の状況に合わせて臨機応変に対応したりして、インプラントの位置を決定していきます。

よって、事前のコンピューターだけの情報を信じるのではなく、実際に手術中にも自分の目で確かめながら埋入することで、ガイドテンプレートなどに頼ることなく、安全にインプラント治療を行うことを心がけています。

東京銀座歯科があえてやらないこと

当院では、ワンデイインプラントという、歯が全くない患者さんや、重度の歯周病で残っているは全てを抜歯しなければいけない患者さんを対象としており、非常に高度なインプラント治療を行なっています。

このように、全く歯がない患者さんやインプラント手術時に同時に抜歯をおこなうような患者さんに対してガイデッドサージェリーを適用することは精度に劣ることがあり、あまり推奨されません。その代わり、事前に入念なコンピューターシミュレーションを行い、細部にわたる埋入計画を行なっています。

また、事前のレントゲンと、手術時のお口の中の状況が若干異なることがありますが、それにも臨機応変に対応しながら、インプラントの位置や深さ、サイズなどを微調整し、ベストな方法を選択しています。

ガイデッドサージェリーは、別途患者様から3~5万円ほどのガイドテンプレート製作費用などを請求するなど、金銭的負担も少なくありません。そういった意味でも、できるだけ患者さんの負担を、高度な技術でカバーできるよう、熟練のインプラント専門医のみがインプラント手術を行なっているというのが、当院の大きな特徴です。