ワンデイインプラントについて


ワンデイインプラントについて

ワンデイインプラントとは
ワンデイインプラントの流れ
あなたの症状は?症例別写真
麻酔医による痛くない治療
骨が薄くてあきらめている方へ
実際の治療を動画でご覧ください。
お問い合わせはこちらから

骨が薄くてあきらめている方へ

骨が痩せていてもワンデイインプラントならできる
患者さんの中には、「骨が薄くてインプラント治療は無理だと言われました」とおっしゃる方がいます。
入れ歯を長く使っていたり、歯槽膿漏が進行したりすると、骨は痩せてしまいます。確かに、これまでのインプラント治療では、骨の質がよく、量も多くなければ埋めることはできませんでした。ですから、骨が薄くて治療を諦めたり、また、あらかじめ大掛かりな骨移植や骨増生という手術をする必要があったりしました。骨移植、骨増生とは、自分の腰骨などから取った骨や人工の骨を顎に埋めて、骨ができるまで待つというもの。手術自体も大変で、体に大きな負担がかかり、骨ができるまで半年1年は待たなければいけないのです。骨ができたところで、やっとインプラント手術に取り掛かっていました。 

しかし、ワンデイインプラントは、インプラントの位置や角度を綿密に計算した上で、できるだけ骨質がよく、骨の厚みのあるところに埋めるため、骨移植や骨増生をなるべくせずに済むようになりました。

顎の骨は、前歯に近い部分の骨が硬く、奥歯の部分は柔らかくなっています。インプラントは硬い骨に埋めるほうがしっかりと骨と結合します。これまでのインプラント治療は、インプラントをまっすぐに埋めていましたが、ワンデイインプラントは骨の硬い部分に、斜めに埋めます。同じ骨の量でも、斜めに埋めればそれだけ量を確保できるのです。 またどうしても骨増生が必要な場合でも、大掛かりなものではなく、インプラント手術と同時に行う程度の処置ですみます。

治療イメージはこちら>>

 


ワンデイインプラントは、難症例の方でも治療可能


ページトップへ