部分的なインプラント治療のご紹介


東京銀座歯科では、部分的に歯を失った場合、部分的なインプラント治療をお勧めしております。

従来の治療法とその課題

歯を失った際、従来の治療法は大きく3つに分かれていました。

失った歯が1〜2本の場合
隣り合った健康な歯を支えとするブリッジが適用される。
失った歯が多数の場合
残っている歯に支えのバネを引っ掛ける部分入れ歯が適用される。
全部の歯がなくなった場合
歯ぐきに吸着させる総入れ歯が適用される。

従来の治療効果

しっかり噛むことが難しい

従来の治療とインプラント治療の違い

部分的なインプラント治療例

右下奥歯2本を失った治療例

部分的なインプラント治療例

  • よく噛める
  • 審美的である
  • 痛み・炎症など不快感がない
  • 抗加齢・アンチエイジング

「自分の意志の元に自信をもって自分らしく生きること」希望を持って前向きに。

ページトップへ