Q&A
お問い合わせはこちらから
Q&A

重度の歯周病でもインプラントができますか?
歯槽膿漏などの進行により骨が薄くなってしまった場合でも、インプラントを斜めに埋め込むなど、従来の方法とは全く異なる新しい技術によりかみ合わせを回復させる事が可能です。


ほかの歯科医院で骨が薄いのでインプラントは無理といわれたのですが、ワンデイインプラントはできますか?
ワンデイインプラントは、骨がない、やせているからインプラント治療できないと他院で診断されてあきらめている方にこそ、かみ合わせを回復させる最適な治療方法です。ぜひ一度ご相談ください。


ワンデイインプラント治療の費用はどのくらいかかりますか?
上顎のみ、または下顎のみワンデイインプラントを行う場合の費用は、トータルでおよそ300万円です。したがいまして、上・下顎全てのワンデイインプラントにかかる費用はおよそ600万円となります。なお、顎の骨の状態などによっては、多少変わることがございます。 s


インプラント治療は痛いのですか?
局所麻酔をしますので、痛みはありません。また、リラックスした状態で手術ができるよう、静脈鎮静麻酔を行うことも可能です。


インプラント治療は誰でも受けられますか?
お口の状態や体の健康状態によって判断されます。年齢の上限はありませんが、骨の成長が終了した20歳ぐらいから治療を受けることが出来ます。あごの骨が痩せてしまっている場合でも、人工の材料を使用し、骨をつくることが出来ます。糖尿病や高血圧を患っている方でも、薬でコントロールされている場合は、治療も可能ですので、一度ご相談下さい。


インプラント治療の成功率は?
当院では、ブローネマルク・システムのインプラントを採用しており、この補綴物の成功率は、高いことが証明されています。過去10年の統計では、単独のインプラントの場合、成功率は98.2%で、ブリッジの場合は、それ以上の成功率を誇っています。


治療期間はどのくらいですか?
また、その間の歯はないのですか?
インプラントが骨と固まる期間の目安として、上顎=約半年、下顎=約3ヶ月です。期間中はできる限り仮歯や入れ歯を入れますので、食事や会話などの日々の生活、もちろん見た目にも支障はありません。ワンデイインプラント(=即時機能)なら当日歯がはいります。


手術後、注意することは?
手術後2〜3日、痛みや腫れが出る場合もありますが、痛み止めの薬や抗生物質で対処できます。歯科医師の指示を守り安静にする他、はじめは、食事もかたい物を避けるなどの配慮をしましょう。


歯周病があっても大丈夫でしょうか?
歯周病がある場合は、歯周病を治療した後で、お口の中の全体のバランスを見てから決めた方が良いでしょう。治療を行う前に、お口の中を整えておく必要があるからです。


インプラント手術が受けれない場合もあるの?
顎の骨の量が少ない場合や、アルコール依存症、チタンに対するアレルギーがある方、成長期のお子様、高齢で全身疾患がある方は手術ができない場合があります。


インプラント手術後、外見上の問題はありませんか?
外見上の問題は全くといっていいほどありません。だから、手術をしたことが気づかれることはありません。


歯が一本もないのにインプラントできるのでしょうか?
失った本数は基本的には関係ありません。まったく歯がない方でも、部分的に歯がなくなった方でも手術は可能です。事故などの理由により通常の補綴物などを入れるのが難しい症例でもインプラントは対応できます。

 

自分の歯と同じくらい本当に噛めますか?
インプラント治療後の噛む機能は著しく改善されます。肉やたくわん、フランスパン、りんごなど自分自身の歯で食事をされていたときに食べることができていたものは以前のように食べることができます。ただし、手術直後はやわらかいものからスタートします。Drナカヒラが専門とするワンデイインプラントなら、手術当日から噛めることができます。



骨がなくても大丈夫?
インプラントを埋入するために骨の量が十分でないところへ骨移植をしたりGBRという技術で人工的に骨を作ることが可能です。骨がなくてあきらめてた方も今ではインプラント治療ができるようになりました。



手術後のお手入れは必要ですか?
別なお手入れは不要ですが、食後の歯磨きや普段からお口の中を清潔に保つことができれば問題ありません。定期的にメンテナンスにきていただくことで、お口の状態を長くよりよく保つことができます。


インプラントの寿命はどのくらいですか?
一言で「何年もちます」と答えるのは非常に難しいことです。それは口腔内環境やその後のお手入れにもかなり影響されるからです。成功率(どのくらいもつか)の臨床報告によると、10年経過してもほとんどのインプラントが良く噛め、20年経っても高い成功率が証明されています。海外では40年前に入れたインプラントが、今もなお問題なく機能し続けています。


ここに記載されている以外のご質問もお受けしております。
ご相談、ご質問はこちらへ


ページトップへ