抜歯即時埋入インプラント

抜歯即時埋入インプラントは、歯を抜いたその日にインプラントを埋入するインプラント治療方法のことです。

概要

抜歯即時埋入インプラントは治療期間の短縮や、外科処置の回数を減らすことができるなどのメリットがあります。
適応条件が健康な方に限られるため、術前に入念な診査をおこないます。場合によっては、当日に仮歯を装着できます。

適している症状

抜歯する歯が炎症を起こしていない あごに十分な骨がある
抜歯後、歯がない状態を望まない方
入れ歯の装着が困難な方

メリット・デメリット・リスク

メリット

①治療期間を短縮することができます
②手術の回数を減らすことができます
③(その日に仮歯を装着した場合)見た目がキレイに仕上がります

デメリット

①わずかですが、インプラントが骨と結合しない場合があります
②難易度が高い治療のため、どこの歯科医院でもできるわけではありません

リスク

①歯を抜くことで感染する場合があります
②歯を抜いたところから出血する場合があります

抜歯時に感染が少ないことが重要です

見極めポイント

抜歯即時インプラントは、十分な診査と正しい診断が大切です。また、抜歯直後のあごの骨にインプラントを入れる手術には高い技術が必要です。そのために、CTなどを完備し、経験豊富な外科医が揃っている歯科医院であることが重要な見極めポイントになります。

費用について

即時インプラントにすることで、インプラントの治療費が高くなることはあまりありませんが、抜歯直後に仮歯を装着することが多いので、仮歯の費用も含めた金額を手術当日までにお支払いいただきます。
抜歯、インプラントの埋入手術、仮歯を含めて、1本あたり30〜60万円前後になります。

東京銀座歯科の優位性

①当院はCTを院内に完備しており、初診時など抜歯前にCTを撮影することができますので、手術ができるかどうかをその場で見極められます。

②経験豊富な外科医が多数おりますので、抜歯即時インプラントの成功率は非常に高く95%以上を誇ります。

③さらには、院内に技工室を併設しているため事前に仮歯を作製することができ、見た目やかみ合わせなどの細かい調整を、手術当日に行えます。

治療の流れ

①診査・診断
②治療計画コンサルテーション
③術前処置(クリーニングや仮歯のための型取り)
④抜歯、インプラント埋入、仮歯の装着
⑤抜糸
⑥仮歯調整
⑦最終的な歯の型取り
⑧最終的な歯の装着(場合によっては試適をはさみます)
⑨メンテナンス

症例写真

左上の前歯の根っこだけ残っている患者さんです。炎症が少ないので、抜歯即時インプラントをご提案させていただきました。
抜歯直後の状態です。
抜歯直後にインプラントを埋入しました。
キャップを装着して手術は終了です。条件が良い場合は、インプラントの上に即日の仮歯を装着することも可能です。(この症例では、両サイドの歯に接着剤で仮歯を固定しました)

インプラント
ワンデイインプラント
骨造成法
サイナスリフト・ソケットリフト