当医院の特長

この記事では東京銀座歯科の優位性を示す情報を解説いたします。

1.3つのお約束

当院では
①適切な治療法
②目的を明確にした治療期間
③予算に合わせた治療費

の3つを、個々の患者様に合った最適な組み合わせで提示することをお約束いたします。たとえば歯を抜いた部位や本数が同じでも、患者さんの年齢や社会生活、食べ物の好みなどを考慮した様々な治療計画・オプションを提示し、患者さんにとって最良の選択していただくように心がけています。

治療期間中も、患者様のQOL(生活の質)をできるだけ下げないように努め、歯科特有である治療時の不快感や痛みをできるだけ少なくするように配慮致します。

ぜひ、気軽にご希望をお伝えいただきたいと思います。

2.孤高の技術力

当院は、あご全体では1000症例、部分では3000症例を超える実績を誇っており、その高い技術力は患者様が別の患者様を紹介してくださることからもおわかりいただけると思います。

さらには、医師、歯科医師、衛生士など同じ業界の方からも患者さんをお紹介いただいております。また、ワンデイインプラントに関する講演依頼や出張オペもさせていただいており、難症例と言われる症例も数多くこなして来ました。

ぜひ、他の医院でインプラント治療を断られた方も一度ご相談ください。

3.厳格な全身管理

ワンデイインプラント治療は、同じ日に抜歯からインプラント埋入、仮歯の装着まで行うため、痛みや全身の厳格な管理が必須です。当院では、熟練の歯科麻酔医が厳格な全身管理を行い、内科との連携を図りながら患者さんのリスクをできるだけ低減させることを常に心がけています。

ワンデイインプラントの手術前の診査がきっかけで、高血圧など他の症状が発見されることもあります。また、もともと全身疾患が多く、一般の歯科開業医では治療できないような方も対応が可能です。

また、手術時には静脈内鎮静法という、点滴から薬剤を注入し、半分意識があるようなリラックス状態にする麻酔法によって手術を受けていただきます。この麻酔法では、術中に声をかけられると反応はできますが、術後は痛みや音など覚えていない状態になっていますので、患者さんが手術中に感じる不快感をほとんどなくすことが可能です。

いままで、歯科恐怖症で、インプラントはおろか歯科治療自体に強い恐怖心を持っている患者様には、非常に適した麻酔法です。
ワンデイインプラント治療では必ず行いますが、部分インプラントではご選択いただくようにしています。ご興味ある方は、ぜひ、お気軽にご相談ください。

4.充実した設備

当院の治療室は全室個室で患者様同士が お顔を合わせないようプライベートに配慮した空間をご用意しております。また、インプラント治療は外科手術を伴いますので、感染予防・滅菌環境に最大限配慮したオペ専用手術室も完備しています。

手術室

手術室には、生体管理用モニターやデジタルハイビジョンカメラなど、患者様の全身管理を徹底的に配慮した設備を整えています。



また、手術後も患者さんがゆっくり休めるよう、完全プライベート空間となる休憩室(ベッド、ソファ、テレビ付き)をご用意しております。手術後は、時間を気にせずゆっくりとお休みください。

休憩室

手術後は、休憩室にてゆっくりとお休みいただいてからお帰りいただいておりますので、静脈内鎮静法などをおこなったあとでも安心して日帰りでお帰り頂けます。